インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 直江兼続

直江兼続

直江兼続は越後 上田庄の長尾政景の奉行の樋口氏の息子として生まれました。

直江兼続は若くして、長尾景虎(のちの上杉謙信)の養子になった長尾政景の子の長尾景勝(のちの上杉景勝)の小姓となります。

直江兼続は文武両道に優れ、上杉謙信亡き後の跡目争い(お館の乱)を上杉景勝の勝利に導きます。

彼は豊臣秀吉や石田三成にも認められ、上杉家の会津への領地換えにも、大きな役割を果たし、主君の上杉景勝は豊臣政権の5大老にまで上り詰めます。

そのとき、直江兼続も上杉景勝配下でありながら、30万石の米沢城主となります。

しかし、豊臣秀吉の死後、上杉家は徳川家康から警戒され、無理難題をふっかけられます。

直江兼続は1戦を覚悟して家康の非を責めた書状を送りつけます。これが、世に名高い直江状ですね。

これに激怒した家康は、上杉討伐軍を組織して、上方から江戸を経て、上杉領に向かいます。

この機に石田三成が挙兵し、家康達は小山の軍議を経て、上方に向かいます。

その間にも、最上や伊達は北から上杉領を攻めるのですが、直江兼続は逆に、最上氏の軍勢を打ち破り、最上領深くまで侵攻しました。

しかし、石田三成らは関が原の戦いで破れ、上杉氏は直江兼続の指導のもと、家康に降伏し、米沢への国替えを受け入れました。

彼は家康の怒りを解くために、家康側近の本多正信の子、政重を養子にしています。

直江兼続は、主君の上杉景勝よりも優れた武将でありながら、主君のため、上杉家のために最後まで忠誠を尽くしました。

戦国時代には稀に見る忠義の武将と言えるでしょう。

直江兼続の年譜

  • 永禄3年(1560) 上田庄に生まれる
  • 天正6年(1578) 上杉謙信 急死(3月)
  • 天正7年(1579) 上杉景虎自刃、御館の乱終息
  • 天正10年(1582) 本能寺の変
  • 天正14年(1586) 上杉景勝、豊臣秀吉に謁見
  • 慶長3年(1598) 上杉家 会津移封
  • 慶長4年(1599) 関が原の戦い
  • 元和5年12月19日 直江兼続、江戸で死去。享年60。
 

上杉家一覧