インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 黒田官兵衛

黒田官兵衛

黒田官兵衛(孝高、如水)は筑前福岡の黒田藩57万石の藩祖黒田長政の父親で、豊臣秀吉の軍師として有名な武将です。

もともと黒田家は、近江国伊香郡黒田村の出自らしいのですが、歴史に登場するのは備前国邑久郡福岡村の黒田家からです。

黒田官兵衛の父親の黒田重隆のときに姫路に移り、メグスリノキから目薬を作り、それを姫路の広峯神社の御師に売らせて財をなしたと言われています。

黒田家は黒田重隆のときから播磨小寺家の家老、姫路城代となり、小寺政職に仕えています。

黒田官兵衛が播磨小寺家の家老になったのち、小寺家の織田家への帰順を推進しましたが、荒木村重の謀反の時に、有岡城で1年間幽閉の身となり、以後、下半身不随となりました。

そのとき、主家の小寺家は織田信長に反旗を翻して没落します。

その後も黒田官兵衛は、豊臣秀吉の参謀として、高松城の水攻めや中国大返し、山崎の合戦などで秀吉を補佐しました。

秀吉政権誕生の最大の功労者であった黒田官兵衛ですが、その頭脳の明晰さと豪胆さから秀吉に警戒され、 九州平定後に彼が得た領地は豊前中津12万5千石にすぎませんでした。

関が原の戦いの時も、浪人を集めて周囲の西軍を攻撃するなど、活発に活動しましたが、 息子の黒田長政の働きもあって徳川家康が勝利すると、政治軍事の第一線から退きます。

ただし、黒田長政が関が原の戦いの恩賞として得た筑前の国で、居城の名島の地名を黒田家にゆかりの深い「福岡」としたことからも、家督を譲ってからも、黒田家内部で大きな力を持っていたものと思われます。

また、黒田官兵衛は生涯 側室を持たなかったと言われていますが、これは彼が深く帰依していたといわれるキリシタンの教えに従ったものと思われます。

黒田官兵衛の事跡としては、有岡城幽閉、高松城水攻め、中国大返しなどが有名で、天才軍師として名がとどろいていますが、彼の生涯を詳細に見ると、

  • 主君 小寺家の織田信長への謀反を防げなかった
  • 豊前中津城主となってからも、豊前国内の反豊臣勢力の反乱に時間をかけた持久戦で対抗した
  • 文禄の役では総大将の軍監でありながら諸将を統率できず途中帰国
  • 慶長の役では総大将の軍監として、堅実な作戦を実行し、戦線縮小したが、官兵衛の指示に従った諸将は秀吉の叱責を受け、石田三成と諸将との確執の原因となった
など、腑に落ちない部分が多々あります。

結局のところ、黒田官兵衛には野心があって、必ずしも小寺家や豊臣家の忠実な家臣というわけではなく、播州姫路の国人領主として、戦国時代を生き延びながら、隙あらばと、天下を狙っていたということなのでしょう。


大軍師黒田官兵衛 すぐれた軍事参謀であるにとどまらず、時代の潮流を鋭く把握し、その才ゆえに秀吉、 家康がもっとも恐れた男官兵衛を描く歴史長編。

黒田官兵衛の年譜

  • 天文15年  播州姫路に生まれる(1546年)
  • 天正3年  織田信長と面会
  • 天正5年  羽柴秀吉傘下に入る
  • 天正6年  伊丹の有岡城に1年間幽閉される
  • 天正8年  播磨に1万石の所領を与えられる
  • 天正10年 備中高松城の水攻め、本能寺の変
  • 天正12年 播磨山崎城主
  • 天正15年 豊前中津城主(12万5千石)
  • 慶長2年  朝鮮梁山城を占領
  • 慶長5年  関が原の戦いに東軍として参戦し、大友吉統を撃破し、小倉城を奪取
  • 慶長9年  死去(享年59)

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛

黒田官兵衛ゆかりの播磨の国の城郭マップ

 

豊臣家一覧