インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 豊臣家

豊臣家

豊臣秀吉恩顧の大名や子飼い家臣たちを、ここでは豊臣軍団としておきます。
 

豊臣秀吉

豊臣秀吉は日本史上で最も人気の高い人ですね。農民から天下取りになった出世物語と、明るく庶民性に満ちたそのキャラクターが人気の秘密でしょうか。豊臣秀吉は、小牧長久

豊臣秀吉

石田三成

関が原の合戦の実質的な西軍のリーダーとして有名な石田三成は、冷徹な事務官僚として、少し悪いイメージが定着していますが、実際には織豊政権の発展と維持を目指して活動

石田三成

黒田官兵衛

黒田官兵衛(孝高、如水)は筑前福岡の黒田藩57万石の藩祖黒田長政の父親で、豊臣秀吉の軍師として有名な武将です。もともと黒田家は、近江国伊香郡黒田村の出自らしいの

黒田官兵衛

加藤清正

加藤清正は豊臣秀吉と同じ尾張中村の出身で、秀吉の遠縁にあたると言われております。加藤清正は長篠の戦い、鳥取城の兵糧攻め、高松城の水攻め、小牧長久手の戦いなど、秀

加藤清正

福島正則

福島正則は豊臣秀吉の親戚で、桶屋の息子という説もありますが、確証はないようです。秀吉に小姓として仕え、賎ケ岳の7本槍の一人として戦功をあげたことは、あまりにも有

福島正則

小西行長

小西行長は堺の貿易商の子供に生まれながら、豊臣秀吉に見出されて、水軍の大将として朝鮮出兵の第1陣の指揮を任されるまでの武将となりました。しかし本来、平和の中で貿

小西行長

山内一豊

「内助の功」で有名な千代の夫として有名な山内一豊ですが、彼は豊臣秀吉に早くから仕え、いつも秀吉とともに戦った生え抜きの武将です。山内一豊は、秀吉が最初に1国1城

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷は近江日野城主蒲生賢秀の子で、秀吉や光秀、清正などよりは出自がかなり良いわけですが、彼らほどの強い印象を与えないのは、やはり「豪族の子」であるからでしょ

蒲生氏郷

堀尾吉晴

堀尾吉晴はNHK大河ドラマ「功名が辻」で山内一豊の親友として、よく登場する茂助のことです。始めの頃は山内一豊に出世争いで負けていたようですが、天正18年には遠江

堀尾吉晴

中村一氏

中村一氏はNHK大河ドラマ「功名が辻」で山内一豊の親友として、よく登場する孫平次のことです。山内一豊よりは最初は出世は遅れ気味だったようですが、天王寺城で本願寺

中村一氏

大野治長

大野治長は淀君の乳母の大蔵卿局の子で、その関係から大阪冬の陣、夏の陣の時の豊臣家の家老的な役割を果たしました。関が原の戦いで東軍に参加するなど、もともと家康との

大野治長