インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 堀尾吉晴

堀尾吉晴

堀尾吉晴はNHK大河ドラマ「功名が辻」で山内一豊の親友として、よく登場する茂助のことです。

始めの頃は山内一豊に出世争いで負けていたようですが、天正18年には遠江浜松城主(12万石)にまで 引き立てられます。

この時、中村一氏(孫平次)は駿河府中城主(17万5千石)、山内一豊は遠江掛川城主(約5万石)となりました。 秀吉が信頼できる3人の家人を家康への押さえとして、駿河遠江に配置したのでしょう。

堀尾吉晴は慶長5年に家督を子供の忠氏に譲り、隠居してしまいます。 しかし、隠居料として越前府中城(5万石)を与えられ、豊臣家中老として、豊臣家を支えます。

関が原の戦いでは、堀尾忠氏は山内一豊らとともに東軍につき、お家安泰をはかります。

けれども、堀尾忠氏は27歳の若さで堀尾吉晴より先に死んでしまいます。 堀尾忠氏の子、堀尾忠晴が家督を継ぎ、大坂冬の陣、夏の陣ともに参戦しますが、 彼も寛永10年に35歳で死んでしまいます。

そして、堀尾家も堀尾忠晴に子がなかったために、断絶となってしまいます。

中村家といい、堀尾家といい、大名家を存続させるのは難しいものなんですね。


戦国の武将三十人 豊臣秀吉、毛利元就、蒲生氏郷ほか有名武将が総登場。史学の泰斗が逸話で描く戦国時代。

の年譜

  • 天文13年生まれ
  • 天正元年 長浜で100石
  • 天正5年8月 天王寺城で中村一氏とともに本願寺派の一向一揆軍を破る
  • 天正11年 若狭高浜城主(1万7千石)
  • 天正13年 近江佐和山城主(4万石)
  • 天正18年 遠江浜松城主(12万石)
  • 慶長4年 家督を息子の忠氏に譲り、隠居料として越前府中城主(5万石)
  • 慶長16年 死去
 

豊臣家一覧