インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 蒲生氏郷

蒲生氏郷

蒲生氏郷は近江日野城主 蒲生賢秀の子で、秀吉や光秀、清正などよりは出自がかなり良いわけですが、彼らほどの強い印象を与えないのは、やはり「豪族の子」であるからでしょうか。

ただ、本能寺の変の時に多くの武将が様子見をしていた時に、いち早く信長の夫人たちをかくまい、豊臣秀吉に従う姿勢を明確にします。

これが後に秀吉が三法師をかついで、実質上の信長の後継者になる伏線になります。

その後、蒲生氏郷は小牧長久手の合戦の功により、伊勢松ケ島城主となります。

彼はこの地を松阪とし、城下町を整備し、商人を呼び寄せます。 これが、江戸時代以降に繁栄する松阪商人(伊勢商人)の始まりですね。

さらに小田原攻めでも戦功のあった蒲生氏郷は会津若松城主となります。

これは江戸の徳川家康と仙台の伊達正宗の両方に睨みを利かせようと秀吉が考えたのでしょう。

そして、奥州で葛西氏や大崎氏の反乱が起こるといち早く鎮圧し、 結局、92万石の大大名に出世します。

その後も文禄の役で名護屋城で秀吉の側に仕えたり、陸奥の国の検地を行ったりと大活躍でしたが、結核により40歳の若さで死んでしまいます。

蒲生氏郷がもっと長生きしていたら、家康は天下を取れなかったかもしれませんね。


戦国の武将三十人 豊臣秀吉、毛利元就、蒲生氏郷ほか有名武将が総登場。史学の泰斗が逸話で描く戦国時代。

蒲生氏郷の年譜

  • 弘治2年(1556) 近江日野城主 蒲生賢秀の子として誕生
  • 永禄12年(1568) 蒲生賢秀、織田信長に降伏。氏郷は岐阜城で人質となる。
  • 天正10年(1582) 本能寺の変の時に信長の夫人たちを日野城にかくまう
  • 天正12年(1584) 小牧長久手の戦いの後、伊勢松ヶ島城主(12万石)
  • 天正18年(1590) 小田原攻めの後、会津若松城主(42万石)
  • 天正19年(1591) 葛西、大崎の反乱を鎮圧。92万石に加増。
  • 文禄4年(1595) 京で病死(40歳)
 

豊臣家一覧