インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 武田信玄

武田信玄

武田信玄はビジネスマンに最も人気のある戦国大名ですね。

甲斐源氏の名門に生まれながら、風林火山の旗のもとに巧みな采配で敵陣を切り崩し、一方で、卓越した外交手腕で敵を孤立させます。

領国経営でも信玄は他の戦国武将から卓越した能力を発揮します。

家臣たちから人望を失った実の父を放逐し、家督を相続すると、笛吹川の堤防工事や金山開発など、山深い甲斐の国の国力増強に努めました。

外交面でも、駿河の今川義元、小田原の北条氏康と三国同盟を結び、後顧の憂いをなくしてから、信濃侵略を進めます。

信濃侵攻にあたっても、力攻めだけでなく、買収や謀略を使って、効率的に版図を拡大します。

上杉謙信とは川中島で5度戦いますが、最終的に川中島周辺の北信濃も武田領となり、確実な領国拡大につなげています。

元亀3年の上洛作戦も、一見無謀のように見えますが、朝倉義景、浅井長政、松永弾正、長島一向一揆、石山本願寺、三好義継、雑賀衆、畠山貞政などに周到に根回しして、織田徳川連合軍に対する完全な包囲網を形成しています。

三方ケ原の戦いでも、家康の性格と松平軍の軍備を研究しつくした上で、松平軍主力を三方ケ原の台地に、まんまとおびき寄せました。

今も昔も、「信玄が病に倒れなかったら」ということが言われます。

おそらくは織田信長は敗死したと思われますが、信玄の持つ古い体質と高齢のため、武田政権も長続きしなかったのではないかと思われます。

でも、このあたりが、信玄の魅力として、人々から慕われているのでしょう。

武田信玄の年譜

  • 大永元年(1521) 甲斐の守護大名 武田信虎の長男として生まれる
  • 天文6年(1537) 12月27日 佐久 海の口城をわずかな手勢で攻略
  • 天文10年(1541) 父 信虎を駿河に追放
  • 天文11年(1542) 諏訪頼重、高遠頼継を滅ぼす
  • 天文17年(1548) 村上義清と上田原に戦い、多大の損害を出す
  • 天文19年(1550) 小笠原長時を破るが、村上義清と戸石で戦い敗戦
  • 天文22年(1553) 村上義清を破る。第1回川中島合戦(対 上杉謙信
  • 弘治元年(1555) 第2回川中島合戦
  • 弘治3年(1557) 第3回川中島合戦
  • 永禄4年(1561) 第4回川中島合戦。武田信繁、山本勘助ら討ち死。
  • 永禄7年(1564) 第5回川中島合戦
  • 永禄9年(1566) 上野 箕輪城を攻略
  • 永禄12年(1569) 小田原城攻撃後、三増峠で北条勢を撃破。駿河府中城を攻略
  • 元亀3年(1572) 三方ヶ原の戦いで徳川家康を撃破。
  • 天正元年(1573) 信玄、病により武田軍退却するも、信州駒場で信玄逝去。享年53
 

武田家一覧