インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 武田家

武田家

甲斐源氏の流れをくむ甲斐の武田氏は、武田信玄の時代に大発展し、武田信玄は越後の上杉謙信とともに、戦国時代の両雄として恐れられていました。


しかし、京の都から遠く、海を持たない甲斐の地勢的な不利と、上杉謙信との川中島での激突により、武田信玄は織田信長の上洛を阻止できませんでした。


武田信玄は上洛途上で病に倒れ、息子の武田勝頼は長篠の戦いで大敗し、武田氏は滅亡してしまいました。


ここでは信玄の時代を中心に、武田軍団の武将たちの生涯をご紹介しています。

 

武田信玄

武田信玄はビジネスマンに最も人気のある戦国大名ですね。甲斐源氏の名門に生まれながら、風林火山の旗のもとに巧みな采配で敵陣を切り崩し、一方で、卓越した外交手腕で敵

武田信玄

武田信虎

武田信虎は甲斐と佐久を平定するなど武田氏の戦国大名化に大きな役割を果たしました。武田信虎は勇猛果敢にして、甲斐の諸豪族を武力で付き従わせ、介入してきた今川の大軍

武田信虎

甘利虎泰

板垣氏と同じく甘利氏も甲斐源氏の一族で、甘利虎泰も板垣信方とともに、武田信虎、武田信玄の2代にわたって仕えました。武田信虎追放劇では主導的な役割を果たし、武田晴

甘利虎泰

板垣信方

板垣氏は甲斐源氏の傍流にあたり、板垣信方は武田信虎、武田晴信(信玄)の2代にわたって仕えました。板垣信方は武田晴信の傅役となり、武田信虎追放劇では主導的な役割を

板垣信方

山本勘助

小説「風林火山」などで有名な山本勘助ですが、甲陽軍艦にしか記述されていない謎の人物です。甲陽軍艦以外では武田晴信から信濃の国人に当てた書状に、使者として山本菅助

山本勘助

高坂弾正

高坂弾正(昌信)は石和の豪農春日氏の生まれで春日源助のちに春日虎綱と名乗っていたようです。抜群の美貌?で武田晴信に奥小姓として召抱えられます。武田晴信が高坂昌信

高坂弾正

真田幸隆

真田幸隆は信濃の国の真田庄の地侍で、信濃の国の小県(ちいさがた)郡の豪族である海野棟綱の子という説と、彼の娘婿の真田頼昌の子とも言われていますが、確証はありませ

真田幸隆

真田昌幸

真田昌幸は真田幸隆の三男で、天文16年に生まれています。天文22年に人質として甲斐の武田館に出仕し、武田晴信(信玄)の奥近習になったようです。武藤喜兵衛時代その

真田昌幸

真田信幸

真田信幸(のちに真田信之と改名)は、永禄9年に武藤喜兵衛(のちの真田昌幸)の長男として生まれます。生母は有名な山手殿ですね。父親の真田昌幸は真田家の三男だったの

真田信幸