インターネット戦国歴史事典

戦国大名やその家臣団について詳しく解説しています。

サイトトップ > 九州の戦国大名

九州の戦国大名

ここでは、島津、大友、龍造寺などの九州の戦国大名について、解説しております。
 

鍋島直茂

鍋島直茂は龍造寺隆信の家老として、龍造寺家を北部九州を制覇する大大名になるのに大いに貢献しました。しかし、沖田畷の合戦で龍造寺隆信が討ち死にした後は、島津の北上

鍋島直茂

有馬晴信

戦国時代に島原半島全域を勢力範囲にしていた有馬氏ですが、キリシタン大名として有名な有馬晴信が家督を継いだ頃には、東の龍造寺隆信に服属するようになっていました。そ

有馬晴信

筑紫広門

筑紫氏は小弐氏配下の小大名で、筑後上妻郡や肥前基肄郡、養父郡の一部を領するだけでした。小弐氏没落後は、大内、大友、島津、後には龍造寺の大大名のちょうど勢力が拮抗

筑紫広門

秋月文種 秋月種実

秋月文種は九州の名族秋月氏の生まれで、今でも桜の名所として有名な秋月城の城主でした。秋月の地は大内氏と大友氏の2大勢力にはさまれており、秋月文種は大内氏に属しな

秋月文種 秋月種実

大友宗麟

キリシタン大名として有名な大友宗麟(大友義鎮おおともよししげ)は、鎌倉時代から続く名門大友氏の21代目の当主です。大友宗麟が生まれた時代大友氏は鎌倉時代には九州

大友宗麟

立花道雪

戸次氏は九州の名門守護大名である大友氏の分家です。戸次鑑連(べっきあきつら)も大友氏の重臣として大友宗麟に仕えていました。戸次鑑連はのちに滅亡した同じ大友一族の

立花道雪

高橋紹運

九州の守護大名大友義鑑の重臣の吉弘鑑理の次男吉弘鎮理は、父親や兄とともに大友宗麟に仕え、各地で武功をあげます。特に永禄10年の高橋鑑種、秋月種実、筑紫広門らの反

高橋紹運

相良頼房

相良氏は源頼朝から人吉荘の地頭職を賜った、いわゆる下り衆で、戦国期には在地の小領主達の連合体の盟主という立場でした。有名な相良家法度は、相良氏ではなくて在地領主

相良頼房

大村純忠

大村氏は藤原純友を先祖とする在地領主ですが、家臣団や親戚筋の力が強く、強力な戦国大名になれないままでした。そこで、大村純前は実子の又八郎(後の後藤貴明)を武雄の

大村純忠