インターネット源平歴史事典

源平時代の歴史を歴史上の人物を中心に解説しています。

サイトトップ > 藤原秀衡

藤原秀衡

藤原秀衡は奥州藤原3代の3代目として、平泉の中尊寺を建立するなど、奥州藤原氏の最盛期に生きた人でした。

藤原秀衡は鎮守府将軍、陸奥守として政治的にも大きな勢力でしたが、源頼朝の挙兵時には源氏追討の令旨を受けながら、幼い頃から源義経をかくまい、 義経の頼朝軍への参加の援助をするなど、その政治姿勢に一貫性を欠いていました。

その義経は源氏の大将として壇ノ浦の戦いで平家を滅亡に追い込みますが、頼朝との政争に破れ、平泉に再び現れます。

藤原秀衡は義経を総大将として頼朝軍と戦おうとしたようですが、秀衡の死後、息子の泰衡は衣川の義経の館を襲います。

義経亡き後の奥州軍は頼朝軍の敵するところではなく、泰衡はもろくも敗北し、奥州藤原氏は滅亡し、鎌倉政権が確立しました。


藤原秀衡の年譜

  • 保安3年(1122年) 藤原基衡の子として生まれる
  • 大治元年(1128年) 中尊寺落慶法要
  • 嘉応2年(1170年) 鎮守府将軍
  • 養和元年(1181年) 陸奥守。源氏追討の令旨を受ける
  • 文治3年(1187年) 源義経をかくまう。同年逝去
  • 文治5年(1189年) 秀衡の子の泰衡、義経の衣川館を急襲、義経討ち死に? 頼朝軍により奥州藤原氏滅亡
 

奥州藤原氏一覧

事典エイト

ネットビジネス大事典

インターネット金融事典

インターネット健康事典

インターネット
歴史大事典

インターネット戦国歴史事典

奥州藤原氏

桓武平氏

清和源氏